スタッフブログ/ハッピーハウジング

ハッピーハウジングのスタッフブログ

注文住宅・工務店

0

    こんにちは。

     

    今回は、私 HOMMA が思う「注文住宅・工務店」についてお伝えしたいと思います。

     

    新築・建替えなど、住宅の購入を考える時にハウスメーカーと言われる

    大手住宅会社(CMなどで宣伝されている会社)にしようか

    それとも、地元の工務店や知り合いの大工にお願いしようか

    はたまた、設計事務所にお願いしようか、色々悩むと思います。

     

    実際、3年ほど前に私も悩みました。

    住宅展示場をめぐり、大手のハウスメーカーさんと打ち合わせしました。

    設計士さんの所に話を聞きに行ったこともありました。

    結局、工務店で建築することになるのですが、そこに至るまでに気づいたことがあります。

     

    それは、「注文住宅でないと、自分の希望する家は建てられない」ということです。

    同時に、「地元工務店だからと言って技術が劣っているわけではない」ということです。

    しかし、「注文住宅」や「地元工務店」についての疑問や不安はありました。

     

     

     

     

    1つ目は

    「注文住宅って自由にできる分だけ高額じゃないの?」って事です。

    ハウスメーカーさんは、間取りや設備を自分好みに変更すると、一気に値段が上がりました。

    設計事務所さんは、自由でしたがプランや図面作成などの「設計料」が高額で、手が出ませんでした。

    じゃあ工務店はというと、設計料は発生しましたが、設計事務所の1/10以下で、自由にいろいろと選ぶことができました。

    価格もハウスメーカーさんや設計事務所さんよりは安い。

    何より、価格を抑える方法や材料の選び方を一緒に考えてくれました。

     

     

     

     

    2つ目は

    「1から10まで全部決めるのって面倒じゃないの?」って事です。

    自由にしたいと言っておきながら、勝手な言い分ですよね^^;

    でも、細部にわたるまで全てに拘りがあった訳でもないし、やはり面倒なものは面倒です。

    この点は、ハウスメーカーさんは既に廉価品がスタンダードでそろっていたので、こだわりのない部分は

    「じゃあ、それで」てな感じで、面倒は感じませんでした。

    設計事務所さんは、何も言わないと、ビックリするような仕様になってたりして、正直気が抜けませんでした^^;

    工務店も基本的な提案はしてくれます。最初に希望を伝えてあれば「それなりの物」をそろえてくれます。

    価格を抑えて要望も盛り込むので、そこは「それなりの物」になります。

     

     

     

    3つ目は

    「保証とかって大丈夫なの?」って事です。

    ハウスメーカーさんなどは独自の保証制度を持っています。私が確認したハウスメーカーさんは

    「定期的な検査を受けて、指摘した箇所を”有償”で修理した場合に○○年保証します」と書いてありました...???

    定期メンテにやってきて「ここ傷んでます。修理代○○万円です」「修理しないと保証がなくなります」って事?

    この「保証」とは何なんだろう?と思いました。結局、壊れたところは自費で修理するんです。

    私は、私はですよ、壊れたところを見つけてもらうことが「保証」ではないと思うんです。

    ちなみに、引き渡しの時に見つけた傷などを修理・修復するのは保証でもなんでもなく「請負業者の義務」です。

     

    何かの原因で倒壊したりすれば「火災保険・地震保険」が適応されます。

    10年以内の躯体に関する欠陥は「瑕疵担保保険」が適応されます。

    以上の条件下でハウスメーカーさんは何を「保証」してくれるのかが、私には理解できませんでした。

    逆に設計事務所さんは、保険がありますから的な感じでした。(冷たいようですが、とても納得できました)

    ということは、工務店も同じ事。ちなみに、請負業者(建築してくれた会社)が倒産しても

    瑕疵担保保険は直接申請することで適応されるので、会社の規模は関係ないと言えます。

     

    ただ、倒産されると相談するところが無くなるので困りますし、何より、気分は良くないですけどね。

     

     

     

     

    4つ目は

    「聞いた事もない会社だと、知り合いに言うのがチョット恥ずかしい...」って事です。

    本当にごめんなさい。工務店に対して本当に失礼です。

    でも、住宅の購入って一生に一度の人がほとんどだと思うんです。

    その、人生をかけた買い物ですから、知り合いとかに自慢したいじゃないですか。

    私:「俺、○○ハウスで建てたんだ」

    友達:「えっ!お前○○ハウスで建てたの!!すげ〜な〜」

    私:「そんな事ないよ〜チョット高かったけどね〜」

    友達:「さすがだな〜いいな〜うらやまし〜」

    なんて、言いたいし言われたい。

    そんな思いはありました。

    なので、最初に見に行ったのは良くCMで見かけるハウスメーカーさんでした。

    でも、打ち合わせを進めるうちに「俺は何が欲しいんだろう?」と思うようになりました。

    「自分の生活にあった住まいが欲しい」はずが、いつの間にか「自慢できるものが欲しい」

    になっていたような気がします。

    今では自信をもって知り合いに言う事ができます。実際に住んで、ダントツの快適さを知っているからです。

    「自慢できるブランド名」ではなく「自慢できる特徴」をもっているので恥ずかしくありません。

     

     

     

    5つ目は

    「研究機関などを持たない工務店の技術力や性能は低いんじゃないの?」って事です。

    3つ目の時に書いた「保証」とは、こちらの要素のほうが大きいかもしれません。

    CMで「震度7の地震に○○回耐えます」なんて実際の実験映像が流れています。

    同じような実験が工務店にできるでしょうか?

    できないと思います...イヤ、できません。できる訳がない。

    確かに、一軒の工務店では色々な理由で無理でしょう。

    でも、たくさんの工務店が集まって、一緒になって研究すればできるんです。

    工務店が集まる方法は、技術提供をしてくれる会(組織)に参加することです。

     

    各工務店は会に参加することにより技術提供を受け、その会(組織)は中心となり、研究や開発を進める。

    新たに開発した技術や実験データを施工要領書や専用材料などで、全国各地の工務店に共有する。

    各地の加盟工務店は先進の技術や実験データに基づいた工法・材料を使用・施工できる。

     

    知りませんでした。

    住宅の工法もフランチャイズ化されていて、一つの会(組織)でつながる事でハウスメーカーにも負けない

    エビデンスを小さな工務店でも持てるんですね。

     

     

     

     

     

     

    さて、ここまで5つの疑問や不安を書いてきました。

    かなり長文になったので、この辺で終わりにします。

     

    主観(実体験)を書いているので、すべての人に当てはまるとは思っていません。

    でも、多かれ少なかれみなさんも、同じように「どうなの?」って思っていることあると思います。

    その思いって中々相談できる相手がいないと思います。

     

    直接話をするのは勇気がいりますので

    まずは「メールで質問」から始めてみませんか?

    ラインやFacebook、メッセンジャーも良いかもしれません。

    お気軽にお問い合わせ下さい。

     

     

    (homma)

     

     

     

    ハッピーハウジングの事

    見学会について・お住まいの悩みなど

    質問・お問い合わせは

    メール:info@happy-housing.com

    メール: happy.homma@gmail.com(本間直通)

    電話 :028-652-7777

    携帯 :080-3544-0209(本間)

    までお気軽にお寄せ下さい

     

     

     

     

     

    【新築をお考えのあなた】

    家づくりについて、誰に相談すれば良いのかわからない

    分からない事が分からない、といったお悩みお持ちじゃないですか?

    そんな方は、まず、こちらのメルマガを読んでみて下さい。

    解除する場合にも簡単に解除できます。

    メルマガ登録フォーム

    失敗しない家づくり
    お名前(姓)
    メールアドレス(必須)
    Powered by メール配信システム オレンジメール

     

    LINE登録も是非、お願い致します。

    友だち追加数

    facebook

    http://www.facebook.com/ZEHbuilder.happyhousing/

     

     


    増築現場

    0

      こんにちは。

       

      先月末から、お引渡しに加え、見積作成・プラン作成と

      バタバタとしている間、ブログの更新をサボっておりました。

       

      と言うことで、久々の更新です。

       

      今日は、以前お伝えした「曳家」の現場です。

      過去ログはこちら↓

      http://blog.happy-housing.com/?eid=142

       

      無事に移動も完了し、増築工事がスタートしました。

       

       

      外壁の塗装も一緒に行うので、足場は全面に設置しました。

      しかし、この大きさの物が50mも移動してくるのですからビックリです。

       

      私がブログ更新をサボっている間に、概ね形になってました。

      今回の工事は、増築部分にキッチンを新設し、現在キッチン・ダイニングとして使用しているスペースを

      広いリビング・ダイニングとして使用するプランです。

      WICも併設することで、収納スペースも確保しました。

       

      と言うことで、キッチンの解体も行いました。

      設置には時間がかかりますが、解体はあっという間です。

       

      解体完了です。

       

      今日はここまで。

       

      ハッピーハウジングは増改築もやってます。

      お住まいでお悩みがありましたら、是非ご相談下さい。

       

      宜しくお願いします。

       

       

      (homma)

       

       

       

       

      ハッピーハウジングの事

      見学会について・お住まいの悩みなど

      質問・お問い合わせは

      メール:info@happy-housing.com

      電話 :028-652-7777

      携帯 :080-3544-0209(本間)

      までお気軽にお寄せ下さい

       

       

       

       

       

      【新築をお考えのあなた】

      家づくりについて、誰に相談すれば良いのかわからない

      分からない事が分からない、といったお悩みお持ちじゃないですか?

      そんな方は、まず、こちらのメルマガを読んでみて下さい。

      解除する場合にも簡単に解除できます。

      メルマガ登録フォーム

      失敗しない家づくり
      お名前(姓)
      メールアドレス(必須)
      Powered by メール配信システム オレンジメール

       

      LINE登録も是非、お願い致します。

      友だち追加数

      facebook

      http://www.facebook.com/ZEHbuilder.happyhousing/

       

       


      ご来場ありがとうございました

      0

        【ご来場ありがとうございました】

         

        8月26日・27日に完成体感会を開催いたしました。
        多くのお客様にご来場いただき、ありがとうございました。

        ゆっくりお話しできる時間がなかったお客様、大変申し訳ございませんでした。

        快適さは十分にご体感頂けたと思いますので、次は展示場か事務所でゆっくりお話しをしましょう。

        昨日、片付け最中に、ふと見た太陽光発電モニターに改めて驚きました。

        室温・湿度ともに安定していて、消費電力がなんと0.1kw


        冷蔵庫やその他の電化製品が接続されてないですが、エアコンは稼働しているはず。

        常に安定して稼働していた方が、エアコンは電気を消費しないことを改めて確認しました。
        快適で省エネな住まいづくりを続けるハッピーハウジングを今後ともよろしくお願い致します。

         

         


        (homma)

         

         

         

         

         

        ハッピーハウジングの事

        見学会について・お住まいの悩みなど

        質問・お問い合わせは

        メール:info@happy-housing.com

        電話 :028-652-7777

        携帯 :080-3544-0209(本間)

        までお気軽にお寄せ下さい

         

         

         

        【新築をお考えのあなた】

        家づくりについて、誰に相談すれば良いのかわからない

        分からない事が分からない、といったお悩みお持ちじゃないですか?

        そんな方は、まず、こちらのメルマガを読んでみて下さい。

        解除する場合にも簡単に解除できます。

        メルマガ登録フォーム

        失敗しない家づくり
        お名前(姓)
        メールアドレス(必須)
        Powered by メール配信システム オレンジメール

         

        LINE登録も是非、お願い致します。

        友だち追加数

        facebook

        http://www.facebook.com/ZEHbuilder.happyhousing/

         


        2020年の省エネ義務化

        0

          こんにちは。

           

          今回は、2020年の省エネ義務化についてです。

           

          【住宅の資産価値が激減の危機!?】

          3年後の2020年に「住宅の省エネ基準の義務化」が予定されています。

          実はこの2020年問題を知らないと、せっかく建てた住宅の資産価値が激減する危険性があるのです。

          やっと手に入れた住まいが、僅か数年で違法建築扱いされてしまったら悲劇です。

           

          省エネルギー住宅で大幅な遅れをとっている日本

          まずは、日本の現状についてです。

           

          2017年4月1日より住宅の省エネルギー性能に関する歴史的な法改正が施行されました。
          その法案の名前は「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律案」です。

          今、政府は ※住宅の質の三大要素 の一つである「省エネルギー性能」最低基準を決めようとしています。
          ※住宅の質三大要素・・・「耐震」「省エネ」「長持ち」

           

          地震大国である日本では、まずは耐震性能から義務化が行われ、これまで大地震が発生して建物に甚大な被害が出るごとに基準強化がなされてきました。

           

          耐震の次に政府が取り掛かるのが、「省エネ」です。

          ザックリといえば2020年から家の省エネルギー性能に対して義務、つまり最低限度の基準を決めようとしている法律です。「え!?、家の省エネルギー性能って最低基準無いの?」と思われると思いますが、驚くことに現段階で日本では家に省エネルギー性能の最低基準は存在しないため、例えば無断熱の家でも合法なのです。

          詳しくは建築物省エネ法のページをご覧ください。

           

          環境意識が高まっている昨今、冬に暖房が必要となる国で、無断熱でも家が建てられる国、それが日本なのです。

          しかし、この環境意識の低さはさすがにマズいということになり、2020年から義務化されることで、ようやく先進国の仲間入りを果たそうと考えているのです。

           

           

           

          日本の窓の断熱性能は犬小屋レベル以下!?

          日本で家を建てるときに使っている窓は「アルミサッシ」がほとんどでした。

          以前のハウスメーカーのパンフレットにも、「アルミサッシはペアガラスで高い省エネルギー性能」と書かれていました。

          日本の窓の約9割がアルミ製のサッシだったのです。

           

          アルミサッシは、加工のしやすさや強度、耐火性や耐久性などの観点から、非常に優れた窓素材です。

          ただし、唯一の欠点が「断熱性能の悪さ」です。

          そのため、地球温暖化や資源の枯渇など、環境意識の高まったここ30年で樹脂サッシ(樹脂はアルミの1000倍断熱性が高い)に世代交代が進みました。

           

          今では、日本をはじめ、ほとんどの国で過去の遺物とされ、使用されることはなくなっています。

          アルミペアガラスの断熱性能は、U値4.65w/m2K。(U値とは、1mあたりに1時間で逃げる熱の単位。窓の場合、0〜6.51の間で評価され、数値が0に近づくほど断熱性能が高く、6.51に近づくほど断熱性能が悪い、という意味です。)

           

          この4.65がどのレベルかと言うと、アメリカやヨーロッパに持っていくと、性能が悪すぎて犬小屋でも使わないレベル。

          お隣の韓国や中国に行っても法律の断熱最低基準を満たしていない為に住宅で使用することは出来ません。

          私たちが新築で使っている窓が、いかに性能が悪いものだったのかが分かります。


          出典:YKK AP調べ[YKK AP 樹脂窓の歴史](ドイツ:建築物のエネルギー性能に関するEU指令(2014年予定)、中国:第12期5カ年(2011〜2015)、日本:平成11年次世代省エネ基準、アメリカ:EPA/DOEエネルギー省計画)

           

           

          知らないと資産価値を激落ちさせる「断熱性能の義務化」


          実はこの「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律」では、住宅の省エネルギー性能に最低基準が義務化されるのは2020年を予定しています。

          「なんだ、3年後か。じゃあまだ関係ないな・・・。」

          と思った方、それは大きな間違いです!


          この法律は、将来の私たちの人生設計に大きく影響してきます。

          例えば、2020年までには住宅を購入したいと考えている方はもちろん、今住宅を所有している方にもこの法改正で、どのような影響があるのかを知っておく必要があります。

           

          もし2020年以降の義務基準に満たない家を新築しまった場合、わずか数年でせっかく建てた自宅が型落ちになるという意味でもあり、ファイナンス的には資産価値がガクンと下がってしまう可能性が高くなります。

           

          耐震基準の改正で資産価値が激落ち!?

          類似の事例を見ながら検証してみましょう。それは同じく住宅の質の三大要素の一つである、「耐震」で過去に発生しました。

          現在の耐震基準は1981年に施行された、現行基準の「新耐震基準」と、それ以前の「旧耐震基準」に分けることが出来ます。(細かくはもっとありますが今回は割愛します)

          この1981年より前の建物を、不動産業界では「既存不適格」といいます。

          「既存不適格」とは、読んで字のごとく、「現在の耐震性を満たしていない違法建築」という意味です。

          ただ、違法建築と言ってしまうと、建てた当初は合法だったんだから、さすがに違法建築とするのは少々可哀想だということになり、ひねりだされたネーミングが「既存不適格」。

          これまた読んで字のごとく、「現行法で見ると違法建築だけど、建築当時は適法だったんだから違法とすると可哀想だな・・・、ということで特別扱いで違法ではないが不適切」という意味です。

           

           

          銀行がお金を貸してくれない「既存不適格」な家の恐怖


          「違法ではないが不適切」であるため、当然耐震性能に不安があり、大きな地震が発生した場合には色々なリスクに直面する危険を伴います。

           

          また、財産価値としては大きな影響が発生します。

          ここがこれから家を買う人からすると重要な問題ではないかと思いますが、はっきり言えば、「既存不適格」な家には銀行がお金を貸してくれない場合が多いです。

           

          というのは、現行法に照らし合わせると違法建築であるため、銀行は違法な家にお金を貸すことを極端に嫌がります。それは、市場価値が低いために担保として価値がないからにほかなりません。

           

          とはいえ完全な違法建築ではないのでシブシブ貸す場合もあり、日本の銀行は全く貸さないわけではありませんが、万が一返済が滞った場合に、競売で売る時に違法建築は買い手が付きにくい為に敬遠しているのです。

          そこで銀行は、「いやー、この物件は既存不適格なので、住宅ローンは組めません。いっそ建て替えてみては・・・」。もしくは、「いやー、土地の価値からするとこのぐらいの金額が限界でしょうか・・・」ということで、かなり貸出額を低く抑えてきたりします。

           

          「既存不適格」はファイナンス的なネガティブさによって、ジワジワと市場から退場させられてしまいます。つまり「資産価値が一気に下がる」ことによってソフトランニングで、マーケットから退場させることで、壊してもらうか、建て直してもらうということを、この20年以上強要されてきました。

           

          耐震と同じことが2020年以降、省エネルギー性能についても行われる

          断熱性能が基準未満の家は、現行法上適法ですが、あと3年もしたら既存不適格物件になってしまいます。

          そのため、耐震と同じ理由で、リフォーム費用があとでかさんだり、売ったり貸したりするときにネックになる可能性が高くなります。

          もし、今後新築住宅を建設予定の場合、省エネルギー性能は、特にリフォームすると費用がかさむ断熱性能は、必ず最低でも2020年の義務基準予定の「平成28年基準を超えるレベル」、基本的に誘導基準以上(今だと「ZEH強化外皮基準」以上)にしておくことが望ましいです。

           

          1地域 2地域 3地域 4地域 5地域 6地域 7地域 8地域
          H28年基準 0.46 0.46 0.56 0.75 0.87 0.87 0.87 0.87
          ZEH強化外皮基準 0.4 0.4 0.5 0.6 0.6 0.6 0.6 0.6

           

           

          新築の半分以上は数年後には資産価値ガタ落ち!

          出典:国土交通省

          国土交通省の調査によると、最近新築されている住宅のおよそ半分は2020年以降の最低基準を満たしていません。

          つまり、省エネ基準に着目しておかないと、1/2の確率で、わずか数年で資産価値が激減してしまう可能性があるということになります。

           

          にわかに信じがたい状況ですが、国土交通省の発表なので本当のことなのでしょうね。

          建ててわずか数年で一気に資産価値ガタ落ちの家を高値掴みだけはしたくないものです。

           

          家電はたった数年で価格が半減するということも珍しくはありませんが、数年で買い替える前提の家電ならまだ我慢できます。

          しかしながら、生涯で最も高額な買い物である、家がそうなってしまうと人生設計が狂ってしまいます。清水の舞台から飛び降りる気持ちで、35年の住宅ローンを組んだのに、残り30年待たずして違法建築扱いされてしまうという、とんでもないことが2件に1件行われているこの現実・・・。

           

          この不都合な事実を知らないで家を買ってしまうと本当に大変です

          「今ならまだは違法ではないからOKです。ですが、本当は2020年以降は資産価値ガタ落ちですけどね。ついでに省エネ性能が低いと光熱費も高いですよ・・・。」

          とは教えてくれません。

          そんな事もしっかり話せる建築会社を見つけて、良い住まい作りをしましょう。

           

          長文にお付き合いいただきありがとうございました。

          いかがでしたか?

          悲劇を招かないように、一緒に住まいを考えてみませんか?

           

          それでは、よろしくお願いします。

           

           

          (homma)

           

           

           

          日程:8月26日(土)・27日(日)

          時間:10:00〜17:00

          場所:栃木県宇都宮市御幸町

          備考:駐車スペースに限りがございますのでご来場ご希望の方は事前に連絡を頂ければ幸いです。

          ※お問い合わせは下記連絡先またはホームページよりお受けいたします。

           

          それでは、皆様のご来場、心よりお待ちしております。

           

           

          ハッピーハウジングの事

          見学会について・お住まいの悩みなど

          質問・お問い合わせは

          メール:info@happy-housing.com

          電話 :028-652-7777

          携帯 :080-3544-0209(本間)

          までお気軽にお寄せ下さい

           

           

           

           

          【新築をお考えのあなた】

          家づくりについて、誰に相談すれば良いのかわからない

          分からない事が分からない、といったお悩みお持ちじゃないですか?

          そんな方は、まず、こちらのメルマガを読んでみて下さい。

          解除する場合にも簡単に解除できます。

          メルマガ登録フォーム

          失敗しない家づくり
          お名前(姓)
          メールアドレス(必須)
          Powered by メール配信システム オレンジメール

           

          LINE登録も是非、お願い致します。

          友だち追加数

          facebook

          http://www.facebook.com/ZEHbuilder.happyhousing/

           

           

           

           

           

           

           


           

           


          完成体感会開催します

          0

            こんにちは。

             

            以前から、進捗の報告をしておりました

            宇都宮市御幸町のY様邸の完成体感会の開催が正式に決定いたしました。

            今回も、お施主様のご厚意により開催する事が出来ます。

            Y様、本当にありがとうございます。

             

            Y様邸は、ZEH対応の建物で、通常のファースの家よりも断熱性能を高めています。

            そこに太陽光発電で創エネすることで、年間の消費エネルギーがZEROになる、まさに2020年の省エネ基準を

            クリアーした、ダントツの性能となっております。

             

            ファースの家なので性能は当然ですが「住み心地」もダントツに良いです。

            シリカゲルによる調湿の効果や空気循環の仕組みで、この時期でも家の中は「空気サラサラ」です。

            ここが普通の高気密・高断熱を売りにしている住宅会社と大きく違うところです。

             

            「性能と住み心地」には絶対の自信があります。

            この機会にぜひ、体感しに来てください。

             

            体感会の詳しい内容は、弊社までお問合せ下さい。

            この性能を体感せずに建築会社選びをすると損をします。

            ご来場いただければ、絶対に損はさせません。

             

            宜しくお願い致します。

             

             

            (homma)

             

             

             

            日程:8月26日(土)・27日(日)

            時間:10:00〜17:00

            場所:栃木県宇都宮市御幸町

            備考:駐車スペースに限りがございますのでご来場ご希望の方は事前に連絡を頂ければ幸いです。

            ※お問い合わせは下記連絡先またはホームページよりお受けいたします。

             

            それでは、皆様のご来場、心よりお待ちしております。

             

             

            ハッピーハウジングの事

            見学会について・お住まいの悩みなど

            質問・お問い合わせは

            メール:info@happy-housing.com

            電話 :028-652-7777

            携帯 :080-3544-0209(本間)

            までお気軽にお寄せ下さい

             

             

             

             

            【新築をお考えのあなた】

            家づくりについて、誰に相談すれば良いのかわからない

            分からない事が分からない、といったお悩みお持ちじゃないですか?

            そんな方は、まず、こちらのメルマガを読んでみて下さい。

            解除する場合にも簡単に解除できます。

            メルマガ登録フォーム

            失敗しない家づくり
            お名前(姓)
            メールアドレス(必須)
            Powered by メール配信システム オレンジメール

             

            LINE登録も是非、お願い致します。

            友だち追加数

            facebook

            http://www.facebook.com/ZEHbuilder.happyhousing/

             

             

             

             

             

             

             


             



            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << October 2017 >>

            メルマガ登録・資料請求

            メルマガ登録

            失敗しない家づくり
            お名前(姓)
            メールアドレス(必須)
            Powered by メール配信システム オレンジメール

            資料請求はこちらから

            selected entries

            categories

            archives

            search this site.

            others


            体感ハウス「コマニュウノイエ」