スタッフブログ/ハッピーハウジング

ハッピーハウジングのスタッフブログ

現場100回です

0
    今日は、現場3箇所の進捗を確認。



    1箇所目は、境界フェンスとガレージ設置の現場。 フェンスは完了です。 後はガレージですが、設置場所をお客様と再確認。 一緒に動いて動線確認。図面ではわからない事が沢山あるので、現場確認・現場打合せってすごく重要。

    2軒目は、新築現場のY様邸。


    外構工事も順調に進み、忘れられていた外付けブラインドも設置完了。





    基礎の仕上げ、太陽光発電のパワコンの設置も今日完了しました。 残りの工事を工程表とチェックリストで確認し「よ〜し、順調〜」と、一人でつぶやき次の現場。 最後の3軒目は、外壁と屋根の塗替え現場です。



    本日は塗装前の洗浄作業です。 お客様に、不手際はなかったか?ご迷惑をかけていないか?不明な点はないか?などなど、直接現場で伺うと色々な事が出てくるので、電話やメールでは無くて、やっぱり現場が良いですね。 出向ける時は、常に現場に出てお客様を始め、職人とたくさん話をするようにしています。 現場だから見える事、現場でなければ見えない・気づけない事がたくさんありますねー。


    homma

    地盤補強工事ジオクロス・ユビファ工法

    0

       

      住宅の地盤補強工事と言えば鋼管杭工法、柱状改良工法、表層改良工法、砕石杭(ハイスピード)工法等がよく知られています。

      写真は知名度が低いけれど、ハッピーハウジングで一番多く取り入れている地盤補強工法。

      工法名は「ジオクロス・ユビファ工法」。

       

      地形や地盤によっては勿論他の工法も取り入れています。

      ハッピーハウジングがジオクロス工法を主に取り入れている理由を箇条書きにて記します。

       

      ・地盤補強工事も基礎工事屋さんが施工するので急に地盤補強が必要になった場合でも工期に影響が出ない。

      ・ベタ基礎での施工になりますが、根切り鋤取り深さもベタ基礎プラス100〜120mmで残土処分もそれほど多くない。

      ・鋤取り・砕石敷・転圧(1トンローラーで8往復)そこに掛かる工期も1日〜2日で十分。

      ・転圧した砕石の上に鉄筋の4倍ほどの引張り強度を持つクロスを敷き込むだけ。

      ・砕石とクロスが基礎の下にあるだけなので、将来の解体時や転売時に負の遺産として残らない。(簡単に剥がせる)

      ・支持層が深くても地盤均衡型(浮き基礎工法)なので支持できる。

      ・地盤専門家の間でも支持層に杭を固定する抵抗型基礎に代わって均一沈下を図る浮き基礎工法が増えると予想している。

      ・近年の大地震後の調査では、支持杭で補強している住宅が杭の突き上げによって基礎を損傷する被害も多い。

      ・地面下にある遺跡などを傷つけないで施工が出来る。

      ・工事価格が安い。

      ・知名度は低いが国土省の認定を受けた地盤補強工事である。

       

      ジオクロス工法は、傾斜地や大きな段差のある土地では工事不可です。

      地盤調査によってジオクロス工法の可否判定を行っています。   (TOKU)

       

       


      建物見てある記

      0

        久しぶりの投稿。

        色々な建物や美術館を訪ねるのが好きで休日にはよく出かけます。

        写真は群馬県桐生市にある重要文化財彦部家住宅です。

        建物は正面の長屋門と奥にある主屋が最も古く17世紀の造り、右側に見える冬住みと呼ばれる隠居所は19世紀(明治時代)に造られたそうです。

        彦部家を訪問するのは2回目。

        1回目の訪問は10年ほど前の日曜日、私も団体客の一員として参加し詳しい話も聞けませんでした。

        今回は平日の午後、運良く彦部家のご当主もおられて、建物の話はもちろん彦部家の歴史など詳しく教えていただきました。

         ご当主は47代目、驚きです!  (TOKU)

         

        下の写真は敷地入口にあった説明板です。

         


        トータルで考えましょう

        0

          こんにちは。

           

          只今、2件の外構工事が進行中です。

           

          1件は、現在新築中の宇都宮市Y様邸です。

          内部はクロスも仕上がり、本日より洗面やトイレなどの

          取付が始まりました。

           

           

          内部の仕上げと並行して、外構工事もスタートしました。

          梅雨明けの発表がありましたが、なぜかここ数日は天候が安定せず

          来週にかけても、雨予報が出ているので、工程通り進むか心配です。

          お引渡しまでもう少し、予定通り進むよう、細かく調整して行きます。

           

           

           

          そして、同じタイミングで外構工事が始まったのが、今年の2月に

          お引渡しをした宇都宮市N様邸です。

          まずは、境界フェンスの工事からスタートです。

          フェンスが終われば、ガレージの施工が始まります。

           

          お打合せ当初から、ガレージをご希望されており

          ガレージから新築のお話しがスタートしたといっても過言ではないN様邸。

           

          ご希望に沿えるガレージを見つけるために、時間が掛かってしまいましたが

          この度、着工する事が出来ました。

          N様、大変お待たせいたしました。もう少々お待ち下さいね。

           

           

          さて皆さん、お住まいのプランは、外構も含めてプランされていますか?

           

          駐車スペースやお庭の使い方など、生活に合わせたレイアウトや

          広さがあります。

           

          その点を考えて建物の形や間取り、玄関の位置やアプローチなどを

          決める事が、後々の生活のしやすさを左右します。

          なので、外構の事も考慮しながらプランの作成をお願いしましょう。

           

          もし、部屋の広さや室内での生活だけを聴いて、外構付きのプランが出てきたら

          カッコいいかもしれませんが、気を付けましょう。

          通勤・通学や休日の過ごし方、趣味などをシッカリ聴かないと外構付きのプランは

          出来ません。

           

          カッコいいだけになってしまうかも...

           

          提案された外構含みのプランのカッコよさに気を取られ、話が盛り上がって

          勢いで建築会社を決定して結果的に、使い勝手の悪さや不足・不備に後悔しないようしましょうね。

           

          建物のプラン(間取り)ばかりを考えて、配置や外構の事を忘れてしまいがちですが

          住まいは敷地に入る所からトータルで考えましょう。

           

           

          それでは、宜しくお願い致します。

           

           

          homma

           

           

          【新築をお考えのあなた】

          家づくりについて、誰に相談すれば良いのかわからない

          分からない事が分からない、といったお悩みお持ちじゃないですか?

          そんな方は、まず、こちらのメルマガを読んでみて下さい。

          解除する場合にも簡単に解除できます。

          メルマガ登録フォーム

          失敗しない家づくり
          お名前(姓)
          メールアドレス(必須)
          Powered by メール配信システム オレンジメール

           

          LINE登録も是非、お願い致します。

          友だち追加数

          facebook

          http://www.facebook.com/ZEHbuilder.happyhousing/

           

           

           

           

           

           

           


          空気の質って大切ですよね?

          0

            こんにちは。

            突然ですが

             

            空気の質って大切ですよね?

             

            最近は、無農薬の野菜やスーパーフードと言われる

            体に良い食材が数多く出回っています。

            体調を整えるお茶や水素の入ったお水、ミネラルウォーターなど

            健康の為に良い飲み物もたくさん出回っています。

            日々、何気なく摂取している(体に取り込んでいる)もので

            同様に重要なものがあります。

            それは空気です。

             

            空気が無ければ生きてい行けない事はわかっています。

            では、その大事な空気の質について、皆さんはどれくらい

            考えているでしょうか?

             

            高気密・高断熱住宅なら、必ず考えておかなければ

            ならない事なのですが、考えられていない事も多いので

            確認する必要が有ると思います。

             

             

            人ってどのくらい空気を摂取しているの?

            素朴な疑問ですが、人って1日にどれくらいの空気を摂取しているのでしょう?

             

            人の1分間の平均呼吸数は約18回

            そうすると1日の呼吸数は60分と24時間をかけて25920回になります。

             

            肺活量は大体

            男性 3000ml〜4000ml  女性 2000ml〜3000ml

            ですが、毎回そんなに思いっきり息をしているわけではないので

            安静時の普通の呼吸量に一回換気量というのがあるのですが、これは500ml

             

            そこから1日呼吸量は1万2960リットルということになります。

            200リットルのドラム缶で65缶分。

             

            それと空気にも重さがあるので、1000リットル=1.293kg

            で計算すると

             

            1回の呼吸の空気の重さ 0.65

            1日の呼吸する空気の重さ 16.8kg となります。

            1日に16.8kgも自分の体を出入りしているんです。

             

             

            空気の質って意識した事ありますか?

            水は1日に2.5リットル必要などと言われますが、これで2.5kg。

            食べ物は概算で1.6kgくらいだそうです。

             

            はるかに空気の方がたくさん人体を出入りしているんですね。

            人にとって一番大切なのは空気と言っても間違いではないですよね。

             

            でも、空気ほど無意識に体を出入りしているものってないですよね。

            最近は、マスクを常に着用している人も多いですが、自宅の中でも

            付けたままにしている人ってどれくらいいるのでしょう?

             

            マスクや空気清浄機の機能って、花粉や微細な有害物質を濾過したり

            吸着したりすることが目的で、石油ファンヒーターや石油ストーブなどを

            使用したときに発生する二酸化炭素や一酸化炭素は解消できません。

             

            短時間の使用であれば、酸欠になる事はないかもしれませんが

            体に良い物だとは思えません。

            特に、高気密の家であれば、できれば火を燃焼させて使用することは

            お勧めしません。

             

            オール電化であっても、換気が必要になりますし、計画的に換気を

            行わなければ、空気が淀んでしまいますから。

             

             

            花粉やウィルスは気になりませんか?

            室内の空気は、どんどん汚れます。

            電車や車の中を想像してみて下さい。

             

            限られた空間を暖めたり、冷やしたりした場合

            快適な温度を作り出すことが出来るかもしれません。

            しかし、電車や車の中は本当に快適でしょうか?

            熱がこもって、気持ちの良い空間とは言えませんよね?

             

            家もおなじ事が言えます。

            気密性能を高めて、内部の空気を暖めたり、冷やしたりして

            外気との交換をしなければ快適な温度にはなります。

            しかし、空気は劣化して行きます。

             

            その上、洋服などに付着してしまった花粉やウィルスを

            屋内に持ち込んでしまい、その汚染された空気を入れ替えせずに

            循環し続けると、外気よりも花粉やウィルスの濃度が高くなるそうです。

             

            一番の解決方法は、屋内の空気を常に屋外に排出し

            屋外から空気清浄機を通した空気を屋内に入れる。

            そうする事で、常に新鮮な空気の中で生活する事が出来ます。

             

             

            空気まで考えた住宅っていかがですか?

            高気密・高断熱の住宅はたくさんあります。

            しかし、空気の事まで考えた住宅はどれくらいあるでしょう?

            気密性を高めるという事は、空気の事もしっかりと考えて

            初めて意味があるのです。

             

            温熱環境だけでなく、空気の事も考える家

             

            毎日、無意識のうちに大量に体内に取り込んでいる空気。

            1日の半分を過ごす自宅の空気の質を考えてみませんか?

            特に小さなお子様や、赤ちゃんのいるお宅では、重要ではないでしょうか?

             

            赤ちゃんは、1日のほとんどを家の中で過ごします。

            その家の中の空気が汚れてしまっていたらどうでしょう。

             

            お子様の健やかな成長を考えて

            「温熱環境」と「空気の質」を

            ポイントに、住宅選びをしてみて下さい。

             

            ハッピーの家は、常に家中を快適な温度に

            家庭用エアコン1台でしています。

             

            同時に、

            熱交換換気扇を使用し

            常に新鮮な空気と入れ替えをします。

             

            高気密・高断熱だけでなく、湿度コントロールや空気の質も

            住宅選びの基準に加えて「本当の高性能住宅」を探してみてはいかがでしょうか?

             

             

            それでは、宜しくお願い致します。

             

             

             

             

            【新築をお考えのあなた】

            家づくりについて、誰に相談すれば良いのかわからない

            分からない事が分からない、といったお悩みお持ちじゃないですか?

            そんな方は、まず、こちらのメルマガを読んでみて下さい。

            解除する場合にも簡単に解除できます。

            メルマガ登録フォーム

            失敗しない家づくり
            お名前(姓)
            メールアドレス(必須)
            Powered by メール配信システム オレンジメール

             

            LINE登録も是非、お願い致します。

            友だち追加数

            facebook

            http://www.facebook.com/ZEHbuilder.happyhousing/

             

             



            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << October 2017 >>

            メルマガ登録・資料請求

            メルマガ登録

            失敗しない家づくり
            お名前(姓)
            メールアドレス(必須)
            Powered by メール配信システム オレンジメール

            資料請求はこちらから

            selected entries

            categories

            archives

            search this site.

            others


            体感ハウス「コマニュウノイエ」